子供が生まれたことをキッカケにたばこを辞めた男性の写真禁煙を始めたキッカケとしては、子供が生まれたことによる環境の変化にあります。

毎日家でタバコを吸っていたのですが、子供が出来ると家の中にはモクモクとした煙を出したくない様になって、ベランダでタバコを吸うような形になっていったのです。

すると、タバコを吸う時に一々階段を降りて外に向かうといった行動になり仕事から帰って来てからの疲れた体には、堪える所があったのです。

また、吸う事で体にニオイも付くので段々とタバコのニオイも気になる様になったのです。

その気になる様になったのは、家の中で吸わなくなったことで、家の中の空気が綺麗になったことにあります。

また、子供の優しい香りも部屋には漂っていたので、部屋のニオイを変えたくなかった事もあります。

そうして、段々と吸いたい気持ちがなくなってきたのです。

それは、タバコを吸っている時間を子供を見守っている時間に変えたいと思ったからでした。

なので、タバコを吸う時間が家の中では少なくなり吸わなくなったのです。

その事もあり会社でも、吸う本数がなくなったのです。

それは、禁煙ブームになってから吸うスペースが限られたからです。

なので、タバコを吸う時には、喫煙スペースに移動するといった行動が欠かせなくなったのです。

そうした時に、必ず起きるのが、タバコを吸いたい時に天候で吸えない時がある事です。

特に梅雨場は吸いたいのに、吸えないといった状態が、長く続いたので、しばらく会社では煙草を吸わなかったのです。

そうして、吸わない事で何だか吸う事に抵抗を感じ始めて、家庭でも吸わなくなっていたので、タバコを吸う行動自体が無くなって、減ってきたのです。

すると、吸いたい気持ちも無くなってきたのです。

また、ガムを噛んでいるだけで、タバコを吸いたくなくなるといった現象も起こりました。

なので、ここはチャンスだと感じて、子供のためにもタバコを止め様として、そのまま吸わない期間を保って生活をしたのです。

すると、吸わなくなってからタバコの事を意識しなくなり吸っている人にも興味を持たなくなったのです。

また、興味を持つことは必ず子供との癒しの時間だけとなったので、生活は朝から晩まで子供の事を思い生活したことで、禁煙が成功しました。

この事で、夫婦間のタバコによるニオイでのいさかいも減ったので止めた事は良い事だし、健康面でもいい事だと感じています。

やはり子供はかすがいです。